横あるき

変なことを書き綴るサイトです。

sfos-jaチームでフリックキーボードのパッケージを公開した

日本語フリックキーボードのパッケージ、jolla-kbd-flick-jpをsfos-jaとしてOpenRepos.netで公開したよ。

sfos-jaができた経緯

私がこのフリックキーボードの存在を知ったのは、Jolla端末のオフの集まりに参加した時だったと思う。なにやらsleepsoundsという方がフリックキーボードを開発されていて1、しかもその方は日本人らしいって話を聞いて、はぇ〜すごい人がいるもんだな〜と思ったのを覚えている。

それからしばらくして、オフでつながっていたhelicalgearさんがsleepsoundsさんとつながっていて、sleepsoundsさんのリポジトリをフォークしてrpmパッケージが作れるようになるプルリクエストが作られていたみたいだった。

そのことに数ヶ月おくれで気づいた自分は、「自分の環境でもフリックキーボードのrpmパッケージをビルドして使いたい〜」と思って自分の環境でビルドできる別の方法をプルリクエストでhelicalgearさん宛てに出した。

その1年後に、Jollaの地元であるフィンランドの方らしいtopiasvさんが、私のプルリクエストをベースにsleepsoundsさん宛てにプルリクエストを出していて、これをみた自分は「海外の人もフリックキーボードに興味あるんだな…これは色んな人がインストールしやすいようにしたほうが良いかもしれないな…」と思った。

と、ここまでの時点で3つプルリクエストが出ていて、それぞれ反応がないという奇妙な四角関係が完成してさらに1年が経過した…。1年間で日本語入力関係のパッケージをメンテする覚悟が決まり、フリックキーボードは色んな人のコード寄せ集めてブランチを整えたり、フリックキーボードに必要なAnthy関係のパッケージもフォークしてOpenRepos.netで公開したりした。

ただ根本的な問題があって、sleepsoundsさんはjolla-kbd-flick-jpにこの時点ではライセンスを設定しておらず、GitHubに置いてあろうともsleepsoundsさんの著作物なので、二次配布する時点で許諾をとる必要があったけどしていなかった。そういう問題があることを自分は認識していたものの、連絡がとれる自信がなかったので放置してしまった。

で、私がOpenRepos.netに公開したものはtopiasvさんにもバッチリ気づいてもらえたみたいで、去年の11月に直接メールで連絡をもらった。それをきっかけに奇妙な四角関係について話し合う機会が持てて、「みんなで開発しようよ!」という流れになった。

そこから奇跡的に4人のTwitterのグループDMができて、どこのjolla-kbd-flick-jpのリポジトリがアップストリームか迷わなくてすむようにっていうのと、自分がフォークして触ってきた日本語入力関係のパッケージをまとめられるようにsfos-jaというorganizationができた。

sfos-jaができてから

各々がコードの一方的なマージ以外ではまったく連携せずにやってきたので、DMで話せるのはめっちゃありがたい。topiasvさんはとくに機能開発へのモチベーションが高くて、今回のリリースに2つオプション機能が追加された。自分もレイアウトの調整に少しだけqmlを触ったりした。

オプションをオフにした状態でキーボードを表示した様子

オプションをオンにした状態でキーボードを表示した様子

あと、主にtopiasvさんとsleepsoundsさんがコードレビューしながらコードが良くなっているのを眺めている身としては、本当にsfos-jaできてよかったな〜と思った。

ちなみに、OpenRepos.netはGitHubのorganizationに対応する機能がないのでアカウントの情報を共有する必要があって、OSS Gateで自分が体験したgpgでやり取りする方法そのまま使わせてもらった

sfos-jaの今後について個人的に思っていること

今いる人たちで、今後のSailfish OSのアップデートに追従していくのも楽しくできそうだなと思っている。細かいissueも立っているし、やることが色々ある。

個人的には、日本語リソースを使ってUIが日本語表示できるようにするパッチとか、日本語関係がまとめて入るメタパッケージもsfos-jaでそのうち作りたいなと。まあのんびりやっていけたらなと思う。

ついでにSailfish OS関係で書いときたいこと

Wiki的なもの

実は@kenya888さんが中心になって作ったJolla/Sailfish OS情報まとめっていうWiki的なものがあるよ!色々まとまっているからSFOS端末で遊ぶ時に参考にしてね!

Storeman

OpenRepos.netのパッケージを簡単に入れられるストアアプリがいくつかあって、最近はStoremanが良いよ!

Patchmanager

SFOSにはパッチを当ててシステムをカスタマイズするPatchmanagerというツールがあるんだけど、活発に開発されていて、最新のPatchmanager 3 Betaはオリジナルのファイルにパッチを当てずにfakerootでパッチ済みの環境を作るみたいだよ!Betaみたいだけど自分は使ってて快適なのでおすすめ!


  1. talk.maemo.orgのスレッドに当時の様子が残っている [return]

ノンデザイナーズ・デザインブックを読んだ

本の表紙

実のところ半年前くらいに読んだまま、特典がほしいので感想でも書きたいなあと思ったまま今日まで放置してしまった。

本を買ったのは、ノンデザイナーズ・デザインブックを@h_okumuraさんがとりあげていて20周年であることを知ったのと、特典プレゼントキャンペーンをやっていて、本の内容も限定のpdfの内容も気になったため。

4つの基本原則

本の前半では4つの基本原則について、以下の順番で例を交えながら説明される。

  1. 近接
  2. 整列
  3. 反復
  4. コントラスト

この基本原則をみて最初に思い出したのが、放送大学の放送授業「人間とコンピューターの接点」で習ったゲシュタルト(プレグナンツ)の法則だった。個人的な理解で説明すると、「どのような形態がまとまりとして知覚される」かについて法則化されたものなんだけど、4つの基本原則のうちの近接、整列、反復は、「まとまりを持たせる」ための原則であり、その点でゲシュタルトの法則と似ているなと思った。

で、コントラストだけはその近接、整列、反復のうちの2つ以上を崩すことで強く印象づけるもので、自分がこの本を読む前で一番分かっていないことだった。思えば、「良いグラフィックデザイン」の奇抜なところとか目立つところはコントラストを効かせていたのか、ということを本を読んで分かった。自分はコントラストを効かせることは(ある意味で)秩序を乱すことで良くないことだと思っていた。

今までの自分がグラフィックデザインを考える時は、「揃えられるものは揃えておく(整列、反復)」ことを意識していて、「似たものは近くに配置したほうが分かりやすい(近接)」を無意識でやっていた。自分が考えてやったことについて崩すという発想がまったくなかったし、「揃っていればいるほど自分が考える良いデザインになる」と思っていたので、とても重要な気付きだった。

全体の感想

この本の良いところは、4つの基本原則がお互いに作用しているものでありながら、実際のグラフィックデザインを考える時のための順序づけをしてくれて、アウトラインが構成されているところだと思う。とても分かりやすかったし、実践に役立てられそうだと思った。

また、この基本原則に影響する要素が、グラフィックデザインにおいては配置、タイポグラフィ、色などがあって、それがまたお互いに作用しているわけだけど、それらをどうやって活かせばいいのかについても例やまとまった章で説明されているので、勉強になった。

「良いデザイン」ってなんだろう?どうすれば「良いデザイン」になるんだろう?ということに関心がある人には、きっと発見があると思う。読んでない人は読んでみると良いと思うよ。


Vivaldiでの2年間のボランティアを終えました

Vivaldiのソプラノ(テスター)、モデレーター、翻訳者、すべてのボランティア活動を終えました。

理由としては2つあるのですが、前置きしておくと、私が活動を終えるのに直接の原因となる深刻なトラブルがあったわけではありません。実際、今日活動をやめる旨を関わった方々にフォーラムなどで伝えたのですが、まったくもって穏やかにやりとりしました。では理由を述べたいと思います。

モチベーションが完全になくなっていた

私がこれらの活動へのモチベーションを完全に失っており、今年に入ってからは自主的にボランティアとして行動を起こしたことがほとんどありませんでした。

自分がボランティアを終えることを検討するにはこれだけでも十分でした。

Vivaldiのボランティアに対する扱いへの不信感がうまれた

今年に入ってから、GDPR準拠に向けてのVivaldiのボランティアへの対応についての出来事と、私が協働する関係であったボランティアの去就に関わるコミュニケーション上の出来事がありました。

それらの出来事を通して、Vivaldiのボランティアに関係するような事柄を決定しているプロセス、または、Vivaldiとボランティアとの間のコミュニケーションが不透明である(ある種秘密主義的な側面がある)と感じ、安心感が得られなくなりました。

コミュニケーションについて補足すると、たとえば、Vivaldiの誰かと私がコミュニケーションをとる際には、どのような媒体(サービス、メール)をつかうかだけでも3通り以上の方法があり、さらに、コミュニケーションを誰に共有するかでコミュニケーションのスコープが複雑に入り混じっていました。このこと自体は関わる人が増えると避けられないことであり、良いことでも悪いことでもないかなと思います。

しかしその結果として、ソプラノ、モデレーター、あるいは翻訳者という同じグループであるにもかかわらず、「私は把握しているけど、他の誰かは把握していない」「他の誰かは把握しているけど、私は把握していない」といった状況が発生しやすい状態にありました。それによって上述したような思いを抱くに至ったかなと思っていますし、Vivaldiの方々に対する信頼を持ち続けるのが難しかったように思います。

もっとも、私もモチベーションの低下と相まってコミュニケーションを怠った部分があるので、コミュニケーションに関する部分について私以外の要因だけを理由とするのはすこし勝手すぎる感じはします。

おわりに色々

このような理由でVivaldiでのボランティアを終えることとしますが、そのことは今まで様々な折でサポートしてくださったVivaldiの方々や、同じくボランティアとして関わってこられた方々への感謝の気持ちを失わせるものではありません。

私のボランティアとしての活動期間は、始めてから今月まででちょうど丸2年でした。その中で、フォーラムとブラウザを含めたVivaldiにおける日本語圏へのローカライゼーションが格段に向上されたことは、Vivaldiに関わる日本語圏の方々あってこそ起きた変化であり、私もそのムーブメントに一瞬ながら関われたことに誇りを持っています。

そのような気持ちを表すために、今年あったミートアップイベントでLTするときに作成したスライドがあるので、良かったらご覧ください。

また、Vivaldiで働いている方々についてよくわかる良いインタビュー企画がVivaldiの日本語公式ブログに掲載されているので、興味がありましたらそちらもご覧ください。
https://jp.vivaldi.net/category/meet-the-team/

今まで皆さんありがとうございました。これからは、いちユーザとしてVivaldiがより素敵なコミュニティ、ブラウザになっていくことを願っています。