横あるき

変なことを書き綴るサイトです。

今年買ったガジェットのふりかえりです

年内に記事書こうと思ってたのですが、見ての通り大晦日に書き始めたので、Twitterのつぶやきを貼り付けてコメント書いていく形式でまとめようかなあと思います。

旭エレクトロニクス SG080iSL

通称ビックタブ。寝パソ専用機になる前の元気な姿です。

Sincerus マジックアーム

全く知らないメーカーのアームスタンドです。アームが硬くて調整が大変なのですが、安定はしています。使い方を選びますね。

Jolla Tablet

入手できると思っていなかったので、大変な思い出となりました。主に読書用に使っています。

Jolla C

Jollaの端末はすぐ買わないといけないと思ったんでしょうね。すぐ売り切れだったはずなのにゲット出来ました。

Innoo Tech QY8

AptX対応のBluetoothイヤホン。3000円でそこそこの音質のワイヤレスイヤホンが買える時代なんだなって。屋内用にしてます。

Huawei P9 Lite

Huaweiの端末はIDEOS S31HW以来でした。KirinのSoCは電池持ちが良いということを思い知らされました。13000円で自由が丘の買取屋に売ってしまいました。

ASUS Zenfone 3(5.2インチ)

外観と質感の良さ、あとSnapdragon 625で安心と。Jolla Cとの2台持ち構成で、Androidアプリと写真撮影用に使っています。

Transcend TS128GMSA370

ノートパソコンのGentoo環境が壊れた時に、再セットアップ時にやけくそでヨドバシで買ったもの。大変快適に使っています。もともと128GBのSSDをWindowsと半分で使ってたのが、mSATA SSD側を128GB丸々使えるようになりました。

Logicool K380BK(とBUFFALO BSMBB21SBK)

Bluetoothデバイスは4.0からかなり快適になっていることがこれのおかげで分かりました。ポケモンキーボードは接続切れやすかったからなあ。主にWindowsタブレット用ですが、K380Kはマルチペアリングが3台まで可能なので、Jolla Tabletでも使ってます。

AUKEY USB C to Micro USB アダプタ

Zenfone 3がUSB Cなので買いました。出先で困らないので安心です。

Xbox One S

この世代の据え置きゲーム機に対するカルチャーショックをいろいろ感じているので記事にしたいです。とりあえずRadicianでラジオ聞きまくってます。

AFUNTA フレキシブルアームホルダー

Sincerusのマジックアームに続いて2本目のアームスタンド。こちらはかなりアームがぐにゃぐにゃだし、クリップがレバーで固定するタイプで締め付けが弱いので、アウトドア派っぽいです。安物のアームスタンドの記事書きたいなあ。


以上です。間違いなく今年はガジェットに今までで一番お金を掛けた年でした。良いお年を!

HUAWEI P9 liteを買いました

外箱

なぜHUAWEI P9 liteが欲しくなってしまったのかについてですが、ひとつはこの前の記事でMarshmallowの良さを知ってしまったこと、もうひとつはスクストと写真撮影がそれなりにこなせる端末が欲しいというところです。

Jolla Cを買ったことはお伝えしたとおりですが、Jolla Cはカメラが私の目からしても頼りないというのと、Google Playストアを入れる方法は存在する(Jolla Tabletで試した記事はこちら)し、そのおかげで去年少しだけやっていたスクストが再開できたものの、バッテリーの持ちの悪化や端末内でのAndroidアプリケーションの占有率が上がってしまって、せっかくのSailfish OSの魅力を損なうんじゃないかという懸念がありました。Playストア入れても動作しないアプリも多いですし。

あと私Androidアプリを作ったり作らなかったりな人なんですが、開発に良さそうな実機を現在1台も所持していないという事情もあります。

と、今時のAndroidスマートフォンが欲しくなる個人的には十分な理由があったわけです。それでなぜHUAWEI P9 liteを買ったのかについてですが、まずは価格です。3万円を切っています。私の今まで買ってきたガジェットはどれも4万円を越えないものばかりなのですが、それは単純に自分の財布と相談して手の届くものがそこまで、という話です。

あと、昨今のHUAWEIの端末は国内のSIMフリー端末市場でも存在感があるように思います。端末のデザインや質感、スペックなどのバランス感覚が良いと言えばいいのでしょうか。エディオン広島本店の新館で実機を触ったら、思いのほか物欲を刺激されました。

エディオンでタッチアンドトライしました

外箱とか

最初から保護フィルムが貼ってあったり、クリアケースが同梱されていたりと、中々親切な内容となっていて、初めて持つスマートフォン、という想定があるのかなという気がしました。

箱の中にケースが!

microSD/SIMスロット

ピンで引き出すタイプで、nanoSIM,microSIM/microSDの排他になっている、最近流行ってそうなやつです。

HUAWEI P9 liteにSIMを挿入する様子

外装の質感とか

側面はアルミで、iPhone6以降を思わせる丸いエッジとか下部のmicroUSBポートやスピーカーがあります。持ちやすい感じはします。右側にボリュームキーと電源ボタンがありますが、電源ボタンは微妙に表面がザラザラした加工をしてあって、分かりやすいです。

電源ボタンの表面がザラザラしています

背面はどうもポリカーボネートみたいですが、ゴールドだけ表面処理がヘアライン加工してあり、これは個人的に良いなあと思います。見た目が良くなるし、手触りもサラサラです。ブラックやホワイトもマットな質感になっているそうなので、手触りは変わりませんかね。

HUAWEI P9 liteの背面

背面の指紋認証は、これ良いですね。指紋センサーが載った端末を持つのはこれが初めてなのですが、左右の人差し指を登録しておけば、持った時にさっとセンサーに指を置いて、電源ボタンを押すこともダブルタップをする必要もなく、はたまたPINコードを入力することもパターンロックで指を動かす必要さえもなく、端末をスリープから解除できます。すごく手軽なうえに、安心感があります。

スペック

RAM2GBは思ったより余裕がないんですね。だいたい起動してすぐで既に半分は使ってますので。Kirin 650のCPUはオクタコア(4×2.0GHz+4x1.7GHz)で、「こっこれがARMのbig.LITTLEというやつか…!」という未開人的驚きを隠せませんでした。バッテリーが3000mAhと若干大容量であることも相まって、メチャクチャバッテリー持ちが良いです。待機状態で6時間放ったら、3%しか減っていませんでした。待機でなくとも、スクストやったりツイッターやったりで1日いじくり回す感じでも、寝る時見たら20%しか減っていませんでした。もう、なんか、すごいですね。4日ぐらいいけるんじゃないですかね。

6時間放置した時のバッテリー残量

ディスプレイが5.2インチのフルHDで、ppiは424です。非常に野暮な比較になりますが、iPhone 6 Plusの解像度と同等以上です。アップル社的に言えばRetina品質ってことですよね。それが3万円切るんですよね…

プリパラをMedia Link Playerで見ている様子

まあこの綺麗なディスプレイで、Media Link Playerを使ってHDDレコーダから録画したアニメとか消化するとさすがに結構バッテリー減っちゃいます。それでも1本アニメ見て5%減ってるペースなので、10本くらい見たって余裕ありますから、凄くないですか??

それでも搭載機種が少ないSoCですから、高負荷なたぐいのゲームをしようとすると、Snapdragonシリーズのように最適化の対象に今のところなっていていなかったりするので、ベンチマークで比較して良い悪いとは関係なく、綺麗な描画とか快適なプレイとかを犠牲にしてしまう可能性があります。デレステとか実際にそうっぽいですね。あ、ちなみにスクストは非常に快適ですし、3Dもヌルヌルです。問題なし。

3万円を切っていて、良いSoCと多めのバッテリー、綺麗なディスプレイ、いい感じの質感ときて非常に良いのですが、その代償として、ジャイロセンサーやNFCセンサーなどが無かったりします。だからポッケモンGOでAR機能が使えないとか、Suica Readerが使えないとかあります。これらがないのに指紋センサーはついてるのって、私からするとかなり違和感があるんですが、それだけ指紋認証がユーザ体験に大きい影響を及ぼすという判断なのでしょうね。時代を感じます。

カメラ

イメージセンサーがNexus 6と同等のものらしいです。シャッタースピードが早いのでサクサクととれますし、近接写真もとれるっぽいです。あと初めてHDR使ってみましたが使いでがありそうです。それでも、解像度が高いけど拡大すると間延びしている感があって、思ったよりも不満を感じました。少なくとも、Jolla Cのカメラとは全くレベルが違うわけですが。とりあえず撮った巨峰とか載せときます。

HDRをとりあえず使おうとしている様子 撮ったもの① 撮ったもの②

MarshmallowとEMUI

Marshmallow(Android 6.0)が載っているわけですが、「消費電力の最適化」をする機能が充実しており、電力を激しく消費しているアプリを通知したりリストアップできたり、スリープ時の動作を制限できますし、KitKatの時は隠し機能であったApp Ops、アプリの権限の個別コントロールができるようになっていたりと、機能面でかなり満足の行くものになってきています。ユーザーがインストールしたアプリの挙動を監視したり、制限できる機能は、凄く好感が持てます。

バッテリーマネージャーの画面その1 バッテリーマネージャーの画面その2 Playストアの権限をコントロールできる


私の感想としては、「今時はこのクオリティの端末が、3万円前後で手に入るのが当たり前」ということに、カルチャーショックを受けましたね。Androidのミドルレンジは、こういうレベルで競争しているんだ、と。もはや普段使いレベルでは、全くもって快適です。バッテリー持ちや、動作快適性はMarshmallowのDozeモードとかARTとかAndroid OSの進化も十分寄与していると思いますが、ハードウェアとしてかなり成熟してきているんだ、ということを肌で感じました。

スクストは何の問題もなくできますが、ちょっとカメラが微妙な気がするので、HUAWEI P9 liteを売ってZenfone 3を入手しようか迷っていたりします。本当にこれやったら、端末売るの初めてですし、心が汚れてしまうなあと思っています。裸で使ってますし、査定価格によっては諦めると思います。


最後に、私が生まれて初めて買ったAndroidスマートフォンである、HUAWEI IDEOS U8150とのツーショットを添えて締めたいと思います。

P9 liteとIDEOS

Jolla Cを買いました

広島から帰ってきました。たらたら記事を書きました。レビューはほぼ外観についてのみなので、Sailfish OSで得られる体験についてはこちらの方がよく分かるかもしれません。


5月下旬あたりに突如Jolla Cが発表されまして、当時Twitterのフォローしている人もお祭り状態で、Jollaブランドの端末なんてJolla Tabletの払い戻しをやっているような状況で出るわけがないと思っていましたから、大変驚きました。

Jolla C!

Jolla Cは限定1000~1100台の、Sailfishコミュニティの開発者やフリークを対象とした商品で、コミュニティ向けに開かれるイベントの招待や、Jolla Cに関するサポートを含んだパッケージです。限定1000台だし、販売価格から払い戻し金を引いたら出せる金額だったので、後先考えず注文しました。

日本への発送は行なっておらず、転送サービスを利用する必要がありました。スマートフォンはバッテリー絡みの航空輸送既定とか色々厳しく、果たしてちゃんと手元に届くのだろうか…という不安が大いにありましたが、結果的にエイクルさんという、素晴らしいイギリスの転送サービスを見つけることが出来ました。

基本的に代行購入/転送を請け負っている会社だそうですが、注文は全てフォームの入力やメールによる個別対応です。変にシステマチックなWebサービスよりも、色々シンプルで助かりました。バッテリー関連の質問についてもちゃんと答えていただけました。 実際に掛かった費用は以下の通りですが、両方PayPalで決済して、最終的な金額は20150+7513=27663円でした。

Jolla Cの注文確認メール

商品代金合計: £ 115.28 [ショップへの支払い合計] 商品代金+ ショップからの送料:£0.00 [手数料] エイクルへ の手 数料:£20.00 (23.00よりクーポン割引)  (検品代、梱 包 代、ショップへのクレーム代等が含まれます。) [日本までの配 送 料] ・ DHL International Express 配送料金: £28.99 (補償を掛ける場合は+£14.00となります。) お届けは、通常3-6日です。 ──────────────────────────────────── 商品代金を含む合計金額£48.99  ペイパル手数料:£2.70 合計金額:£51.69

費用と購入に至る経緯は書いたとして、レビューについては既に以下の方々が素晴らしいものを残されていますので、自分としては何を書くのか、また悩むのですが…

私がJolla Cについて話したいのは、Jolla Cのデザインは簡略化すると同時に、とことんJolla Phoneのデザインをオマージュしている、ということです。Jolla PhoneのTOH(カバー部分に機能をもたせられるコンセプト)とは全く互換性がないにも関わらず、本体とカバーでツートンカラーにしているところなんかもそういった意図を感じるのですが、いかがでしょうか?

ただ、本体とカバーの形状に着目するとJolla Phoneは2枚の板が重なったように丸みの処理が互い違いに入っていましたが、Jolla Cはそれに比べると一体的な側面の丸みがつけられています。

裏をカバーありでJolla Phoneと比較 側面の処理をJolla Phoneと比較 Jollaの刻印

下部スピーカー/マイクの穴も、Jolla Cの方は合わせて3箇所しか空いていないのですが、Jolla Phoneのデザインを踏襲して装飾の穴が並んでいます。あとボリュームキーと電源キーが右側面についているのは変わらないですが、配置が逆になってて戸惑いますね。

下部スピーカーとマイク 右側ボリュームキーと電源ボタン

背面の中はSIMスロットが2つに増えたり、カメラやバッテリーの配置が似ているとかありますが、TOH用の接触端子がなかったり、microSDスロットがバッテリーを装着した状態では挿し替えが不可能になっています。

裏をカバーなしでJolla Phoneと比較

LEDインジケータもちゃんとついていますが、Jolla Phoneでは3色LEDだったのに対して、白色のみになっており、充電完了時に点滅するなど挙動が微妙にJolla Phoneと変わっています。好みとしてはJolla Cのほうが落ち着きがあって好きですかね。

LEDインジケータをJolla Phoneと比較

Jolla Cはインドの企業、IntexのAqua Fishという端末をベースにしていて、Aqua Fishも外観はほぼ同じです。Intexが端末をデザインする際にJollaがどの程度関わったのかは定かではありませんが、Sailfish OS端末であることと一見関係のない外装部分も似せていることには、果たしてどのような意味が込められているのでしょうか。

あ、Intex Aqua Fishのレビューもすでに面白いものがいくつか出ていますからどうぞ。

Aqua Fishの記事を見ると、スペックやSailfish OSについての説明が細かくパッケージに詰められていることがわかります。人づての話ですが、Jolla Phoneが香港で販売された際のウケは悪かったらしく、「他のスマホと同じようなものだと思っていたら、全然違うものだった」という購入層のズレがあったそうです。そういったズレを回避したかったのではないでしょうか。

Jolla Phoneの端末コンセプトをOSと端末デザインの両面から引き継ぎ、かつ新興市場であるインドで売り込もうとする姿勢は、Jolla/Sailfish OSというイメージがぼやけないようにするためのマーケティングの一種なのかも、と妄想してみました。

このようなIntexのAqua Fishに対する販売方針から、Jollaブランドとして多少の手を加えるだけでJolla Cが世に出せた、という風にも捉えられそうだなあ、なんて思いました。


それで本題に入りますが、何故か今までレビューをするたびにガルパンのAmbience(壁紙や通知音などのプリセット)を作るということをやってきた流れで、今回もAmbienceを作りました。せっかくJolla Cの赤さを活かすのに、カバさん(歴女)チームと迷ったんですが、プラウダにしました。ちゃんと通知音もいくつか作りましたよ。(音量注意)

プラウダのAmbience

公式絵などあんこうチームと段違いに素材が少なくて苦労しました。広島にいる間結構苦労しました。この壁紙ちゃんと切り抜いて作ったのでほめて下さい!

ガルパンAmbienceオールスターズ


Jolla Cは限定品でしたが、姉妹機であるIntex Aqua Fishは4999ルピー(現時点のレートで約7468円)と送料を払えば日本にも送ってもらえます!誰でも買えるんですよ!!是非手にとって使ってみて下さい!ebay.comにも非正規の出品者がいるので、そちらから買うとebay.inのクレジットカードの登録が面倒くさいとか関係なくなるっぽいのでどうぞ!