横あるき

変なことを書き綴るサイトです。

ビギナーな私がOSS Gateワークショップでメンターをしてみました

先週放送大学の単位認定試験が終わって楽になりつつ、ちゃんと単位が取れているか不安な私ですが、試験の最中に、私にとって3回目のOSS Gateワークショップに行ってきました。


1月に初めて参加した時のことは記事に書きましたが、私にとって刺激的な体験でした。その後記事にはしていませんけど、3月にもう一回参加していました。その時の作業のメモはこちらです。

OSS Gateに関する話し合いはgitterとかGitHubのissuesで行われていて、今回参加するまでの間に変化がありました。

  • “参加者”がメンターを指しているのか受講者を指しているのか分からないので、”ビギナー”と呼ぶことになった
  • ビギナーやメンターをさらにフォローするサポートメンター(仮称)という役割が出来た
  • 札幌方面でもワークショップが始まるらしい

という感じです。

それで、今回のワークショップの話に入るんですけど、私としては2回の参加を通してOSS Gateが言うところのOSS開発未経験者からOSS開発経験者になったのですから、メンターにチャレンジするのもありなんじゃないかと思えるようになってきましたので、メンターとして参加してみました。

会場はクラウドワークスさん提供で、ガーデンプレイスタワーの中でした。今までのコデアルさんの会場もアットホーム感があって良かったですが、今回は広々としていました。

集まった人数は20人ちょっとぐらいで、doorkeeperの参加予定人数からは予測がつきにくい(結構キャンセルが出る)ながらも、着実に人が増えている感じがします。私が参加した初回なんかは両手にメンターという状況だったわけですが、今回は両手にビギナーという状況でした。

メンターというと、相手の様子にあわせて的確なアドバイスをしなきゃいけないんじゃないか…とか考えちゃってゴリゴリ緊張するんですが、「一緒になって考える」ことが大事です、という話が始まる前にあって、ハッとしました。

さらに言えば、OSS Gateの門をくぐるのはやっぱりビギナーの方々自身なので、メンターである私は基本的にその様子を見てあげるだけで良いのだと気づきました。

もっと普遍的な話をすると、その人が今まで到達したことがない目標に向かって少しずつ近づいていく様子を見ていると、なんだか勝手に嬉しくなってしまって、自然と声を掛けてました。

ビギナーさんが最初に設定した目標と別のところに進んでいった時も、それはそれで得られるものがありそうなので、そのまま見守るのに努めたりしました。ただ、詰まっている時なんかアドバイスの出しどころが難しいと思ったところはいくつかありましたね。実際いくつか、ビギナーさんの作業の流れを遮ってまで言うことだったかなぁ…という反省点があります。

あと、ビギナーさんとアップストリームへ送るメッセージを考えるところで時間が終わってしまったので、メッセージについてアドバイスがちゃんとできるだろうか…という不安が残りました。まあゆっくり向き合っていきたいと思います。

サポートメンターについてですが、うまく機能しているように思いました。私が片方のビギナーさんと話している時に、サポートメンターさんがフォローしてくださっていましたし、私がどういう方針でいけばいいか迷った時も相談に乗ってくださいました。どんどん手法が洗練されていって、色々な場所でOSS Gateが開かれればと思います。

ついでに書きますが、バーガーキングが超食いたかったので、みなさんが三越の方で弁当を買いに行く列から抜けだして、ダブルバーベキューバーガーのセットを買いました。

ラップトップの上でバーガーを食べるとはけしからん


…と、こういう感じでした。一日中楽しく取り組めました。OSSに関わるのにも、メンターをやるのにも、不安がありましたが、ふたを開けてみれば楽しかった。OSS Gateはそういう良さがあるように思います。初めて参加したビギナーやメンターの方はどう感じましたか?

まだ参加したことのない方ももし興味がありましたら、東京で9月24日11月26日に開催予定ですし、札幌のほうでも始まるようなので、是非申し込んでみて下さい!

意図しないrmを回避するためのbashrc

皆さん、楽しいターミナルライフしてますか?


先日、私は不注意なrmを実行したことで、フォルダのPicturesとDocumentsがあべししました。写真はバックアップをとってありますし、Documentsに入っていたものも消えても問題ないかバックアップをしてあったので被害は少なかったのですが、それにしたってちょっと雑過ぎるダンシャリ過ぎました。ショックです。

もうこんな過ちを犯すのはごめんなので、rmを実行したら確認のワンクッションを置けるaliasをbashrcに書いてみました。

confirm_rm() {
    echo "rm $@"
    echo "are you sure you want to remove these files?"
    while true; do
        echo -n '(y/n): '
        read res
        if echo "$res" | grep '^[yn]$' 2>&1 >/dev/null; then
            break
        fi
    done
    if [ "$res" = y ]; then
        \rm "$@"
    else
        echo 'these files were saved!'
    fi
}

alias rm="confirm_rm"

rmを実行しようとしたら、もう一度実行内容を確認します。ワイルドカードを使っていたら展開されて消される対象のファイルやフォルダがずらっと出てきます。

$ ls 消したくないフォルダ/
消したくないファイル1  消したくないファイル3  消したくないファイル5
消したくないファイル2  消したくないファイル4
$
$ rm 消したくないフォルダ/*
rm 消したくないフォルダ/消したくないファイル1 消したくないフォルダ/消したくないファイル2 消したくないフォルダ/消したくないファイル3 消したくないフォルダ/消したくないファイル4 消したくないフォルダ/消したくないファイル5
are you sure you want to remove these files?
(y/n): n
these files were saved!
$

本当に消してよい覚悟があるならy、ないならnを入力して、本来なら消えるはずだったものを救済しましょう!

$ rm -rf /*
rm -rf /bin /boot /dev /etc /home /lib /lib32 /lib64 /lost+found /media /mnt /opt /portage-latest.tar.bz2 /proc /root /run /sbin /srv /stage3-amd64-20151203.tar.bz2 /sys /tmp /usr /var
are you sure you want to remove these files?
(y/n): n
these files were saved!
$

あくまで実行する前に確認するだけなので、ないものを消そうとしたり権限が足りなくて消せないはずでも確認します。だるいでしょうけど仕方ないですね。

ぶっちゃけこんなダイアログ的にしなくても、もっと簡単に同じことが出来ますけどね。aliasはコマンドの頭にバックスラッシュを書けば一時的に無効化されるそうです。最初に紹介したやつもこれを利用しています。(参考にしたもの:エイリアスを一時的に無効にするには)

$ alias rm="echo rm"
$ rm 消したくないフォルダ/*
rm 消したくないフォルダ/消したくないファイル1 消したくないフォルダ/消したくないファイル2 消したくないフォルダ/消したくないファイル3 消したくないフォルダ/消したくないファイル4 消したくないフォルダ/消したくないファイル5
$ \rm 消したくないフォルダ/*
$


確認メッセージの英語おかしかったらツッコんで下さい。新幹線で書いてるんですけど、広島行ってきます!では!

ラスト・タンゴを広島本通りのシネツインで観ました

ただいま夏休み的な感じで、祖父母のいる広島に来ています。


ここ数年は広島に来ると、何らかの映画を映画館に観に行くようにしています。比治山のトンネルを抜けたところにイオンシネマがあり、そこでおおかみこどもの雨と雪とかプリパラの劇場版を観たりもしているのですが、何より広島には、株式会社序破急が運営している映画館があるんです。

八丁堀とか本通り周辺に、サロンシネマ、本通りのシネツイン、八丁座の3つが現在あります。私が初めて序破急がやっている映画館に行ったのは、新天地のシネツインでAKIRAの35mmフィルム上映を観た時です。来てみたら狭いビルで本当にやってるのかな?と思いつつエレベータに乗って降りると、レトロな雰囲気の赤い絨毯が一面に敷いてあり、チケットカウンターにスーツを来て丸眼鏡を掛けた爺さんがいました。ワンコイン上映だったので500円だしてチケットを買い、劇場内に入るとなんかこう…凄くいい感じの空間だし、椅子もフカフカで、映画の内容も初見だったし、フィルム上映の味と相まって最高の鑑賞体験をしました。それ以来、序破急の映画館が結構好きになりました。

姉に誘ってもらって八丁座でやっていた思い出のマーニーを観た時も最高だったし、サロンシネマで観たセッション(Whiplash)も最高でした。ああ。なんで序破急の映画館はこんなに椅子がフカフカで、席の間隔がゆったりとしていて、空間が広すぎないんだろう。

新天地のシネツインは3年前に閉館をしたため、もうあそこに行くことは叶わず、思い出だけになってしまいました。そして本通りのシネツインも、建物の老朽化が理由で、今年の10月に閉館するそうです。ということで、そちらも行ってみようとラスト・タンゴを観に行きました。

シネツイン入り口

ラスト・タンゴ

ラスト・タンゴはタンゴ界で伝説級のペアらしいマリア・ニエベスとフアン・コペスの馴れ初めから現在までの足跡をたどる、ドキュメンタリーみたいな感じでありながら、あくまでタンゴのダンスシーンがメイン(そしてペアにとってもタンゴが人生のメイン)みたいな内容です。

新鮮だったのが、再現シーンの役者は幼少期を除くと活動時期と年齢に分かれてマリア役とフアン役それぞれ3人ずついるのですが、役者がタンゴのダンスを本人(主にマリア)に見てもらってアドバイスしてもらっていたり、役者と本人でインタビューするシーンが沢山出てくるところですね。

役者が本人と一緒に出ていると、過去の分身が人生の振り返りとして現れてきたようです。一方でマリアがタクシーの中で「男なんて利用価値がなくなったらゴミのように捨てるものよ」みたいに言ってマリアの役者が唖然としたり、「この頃のマリアの気持ちが理解できないのよ」と役者同士で話し合ってたりもします。

役者としては演じる役の心理をトレースするのはごく当たり前のことだろうと思いますが、観ているほうとしては当時のマリア/フアンとしても見てしまって、マリア/フアンという人間に入り込んでいった感じがします。そういう魅せ方もできるんだなあと思いました。

マリアとフアンがペアとしてどんな心境の変化を辿っていったのかは面白くて、最初と最後は本人同士が思い出のショーステージで踊るシーンなんですけど、間の話を通して全く印象が変わります。マリアが一度だけフアンを「コペス」呼ばわりする発言はメガトン級のインパクトがありました。

それでいてやっぱりタンゴが観ていて楽しいし映画館のスクリーンに映えますね。引っ張ってきた映像以外は、ライトアップされていて視線が自然と足にいくし、タンゴもペアダンスもよく分かんないけどすげー!という感じです。マリアの幼少期の家のシーンとか、セットの全体がわざわざ引きで出てくるんですが、最低限の演劇の大道具みたいな感じで力注ぐところ選んでるなあと思いました。たかだか1時間20分くらいの尺なのに、タンゴが目に焼き付けられます。


ラスト・タンゴはこんな感じでした。映画館で観てよかったです。というかシネツインで観てよかったです。

見終わった直後のシネツイン劇場内