横あるき

変なことを書き綴るサイトです。

OSS Gate東京ミートアップで進行役をしてみました

OSS Gate東京ミートアップ2017-01-16に進行役として参加してきました。

まずOSS Gate東京ミートアップがなんなのか説明しますが、これは去年やってきたワークショップが週末1日がかりだったために、参加できなかった社会人の方などがより気軽に参加できるよう、ワークショップを平日夜の2回に分割してやろう、という試みが含まれたイベントになります。ワークショップと並行して、OSS開発者の方の作業の場にもなっています。

今回の進行役としての参加は、OSS Gate東京ワークショップ2017-01-28でも進行役をやるリハーサルを兼ねていました。その場で言えばよかったのですが、今回参加なさった方々はお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

なぜ私がワークショップの進行役をやるのかについては、年末のふりかえりで進行役ができる人が増えてほしいよね、という話があったためです。

個人的な考えとしては、私は今までビギナーで初参加して、メンターサポートメンターとやってきた人が、進行役もやれたという前例を作ることで、OSS Gateの取り組みにおいて「OSS開発に参加したい」または「OSS開発者を増やしたい」という気持ちさえあれば、ワークショップの役割は人を選ばず誰でもできる、と言えるようにしたいと思っています。

これからビギナーで参加して、ビギナー以外でも参加してみようかな、という人に「大丈夫だよ〜」と安心してほしいのです。

同時に、私自身がこういったIT関係のイベントに自発的に参加したのはOSS Gateワークショップからが初めてというくらい、社会経験とか対人経験がないものですから、OSS Gateでの活動を通して経験値をためたいなあ、という動機もあるんですけどね。


初の進行役で色々と拙かった点を、備忘録として書き出しておきます。

  1. スライドや喋りなどの予行演習をする
    • スライドと話したいことをリンクさせる
    • スライドの流れをそこなわないように話す
    • ディスプレイの設定はミラーリングか、拡張表示か
  2. デモの手順は把握しておく
    • 対象のOSSの決め方
      • ビギナーを絡める
    • issueの作り方
    • メモのとり方
      • OSSを動かそうとしながら書いていく
    • ふりかえり方
      • ビギナーを絡める
      • メモに抜けているところはあるか
      • フィードバックに生かせそうなところはあるか
    • 報告のしかた
  3. 参加者を不安にさせないよう進行する
    • 進めたい時間になる前に、こまめに残り時間を伝える
    • どのくらいの割合で作業が終わっている人がいるか確認する
      • メンターに?
    • これからやる作業はどうして必要なのか、ちゃんと理由を説明する
  4. 進行の合間にやる作業を忘れない
    • アンケートの作成
    • デモの用意

今回の会場は永和システムマネジメントさんが提供してくださいました。ありがとうございました。

ミートアップは終始和やかな雰囲気で皆さん作業なさってたかなあと思います。アンケートはワークショップも開発者の方の作業も、ポジティブな内容が多くて良かったです。

やってみた感想ですが、疲れました。@kouさんが要所要所でフォローしてくれたり、アンケート紹介を代わってくれたりしたんですが。普段のワークショップは1日がかりなわけで、次回は果たして最後まで進行できるでしょうか?

参加者の感想は疲れで脱力して聞いていたのですが、「落ち着いて進行していた」「癒やし系の感じ」「個性があった」「ぐだぐだだけど和やかな雰囲気だった」「こなれていなかったけど支障はなかった」などの声をいただきました。支障がなかったり和やかな雰囲気だったのはやっぱり@kouさんのフォローが凄いからなんですが、おおむね受け容れていただけて大変嬉しかったです。

次回のOSS Gate東京ワークショップ2017-01-28は、もっと気持ちよく進行できるように用意します!放送大学の単位認定試験対策もするので大変焦っています!

Vivaldiと私の1年をふりかえりました

ユーザーミートアップへの参加

私は元々Operaユーザーだったのですが、Vivaldiを普段使いしだしたのは、4月にあったVivladiのユーザーミートアップイベントに参加してからです。それ以前はVivaldiを触りつつOperaをメインにしていました。

peatixに掲載されている1.0ローンチの画像

イベントの様子はtogetterKyu3さんがまとめてくださっています。

イベントでは、ライトニングトークでVivaldiの触って気に入っているところをテーマにしたのですが、思ったより他の人の発表内容が多岐にわたっていて被らなかったのが意外でした。

他にも冨田氏やテッツナー氏がどのようにVivaldiブラウザの開発に取り組んでいるのか、Vivaldiのファンがどんな人たちなのかを直接見て聞くことができたのはとても良いイベントだったと思います。

それからは毎日Vivaldiを使っていた…はずなんですけど、Twitterで検索してみてもそんなに使ってる感じしないですね…

ソプラノチームへの参加

それはそれとして、ユーザーミートアップイベントに参加してからしばらくして、6月にソプラノメンバー募集の知らせが来ていました。”ソプラノ”というのはつまるところ、ボランティアでテスターやる人のことらしいです。活動内容には

  • バグ管理システムへのバグの登録
  • ソーシャルメディア等で報告される不具合の検証と報告
  • 他のテスターや開発者とのやりとり
  • それらを英語で行う

と書いてありました。これに応募するかどうかは迷いつつ、半年後の12月にはなんだかんだで応募することにしました。

応募したきっかけには2つありまして、1つは3年前くらいから知り合いのNEARさんから「やりませんか?」と言われていたことですね。この方は何かと積極的な方で、ミートアップイベントも勧めていただいたり、早い時期にソプラノとして活動なさっていました。

もう1つは、迷っている半年間にOSS Gateという取り組みへの継続的な参加を通して、テスターとしての活動内容に不安が薄らいできた、ということですね。

なかでもOSS Gateのワークショップでは、「OSS開発未経験者がOSS開発経験者になる」ことを目的としているのですが、

  • 対象のOSSへのフィードバック(バグ報告やパッチ作成)をする
  • フィードバックする過程では大抵英語でフィードバックする

という2点で、はからずもソプラノでの活動に必要な下地が整っていた感があります。もちろんVivaldiはプロプライエタリなソフトウェアで、自分でコードを弄るという選択肢が与えられていないのがやきもきするところではありますが。まあChromiumの由来のバグなら可能(厳しそう)ですし、あとそもそもReactとか分からないですけど。

それで、ソプラノへの応募にあたって志望動機書いたりNDAとかあったりして、参加が決まった後はテキストチャットでチームに挨拶しました。あとオスロでコミュニティマネージャなるものをやっているGaëlleさんにバグ管理システムの説明を受けたりしました。まさかオスロの人とビデオチャットする日が来るとは思わなかった。

ソプラノとして活動していたらモデレータになった

ソプラノとして具体的にどういう活動をしていこうか考えた時に、以下のことを考えました。

  • すでに報告されているバグをテストしていく
  • 自分でバグを発見して報告する
  • SNSやフォーラムで話題にあがっているバグをテストして報告する

1つ目は作業として楽しめる自信がない、2つ目は自分だと見つけようとして見つかるものではない、ということで、3つ目を中心にすえて頑張ろうと1ヶ月やってみました。

やってみると、フォーラムのユーザーさんがあげているバグは「よく気づくなあ」というものも含んでいて、かなり洗い出しができると思いました。集合知すげーという感じです。

また、フォーラムやTwitterを見ている限り、バグ報告以外にも「翻訳したい!」とか「こんな機能がほしい!」という人など、Vivaldiというソフトウェアを改善したい欲求を持っているユーザーが思ったより多いなあと思いました。どうしたらその欲求をみたせるだろうか?とか考えていました。ここらへんもOSS Gateの「詰まったらOSS開発参加のチャンス!」という考えが多分に影響している気がします。

そんな中、Gaëlleさんが「調子はどうですか?」とチャットで声を掛けてきて下さったんで、1ヶ月で思ったことを伝えたら、「モデレータやりませんか?」と突然言われましたね。それでやることになりました。

今思っていること

フォーラムで確認できたバグを報告するところはルーチン化しつつありますが、報告したバグが修正されるところまで持っていくのに、自分ができることを探している段階です。

そのためには、私はもっとVivaldiの開発者やソプラノチームと連携する必要があるでしょうし、誰を引っ張ればいいかよく観察したいと思います。うーん、なんかここらへんも最近OSSへのコントリビューションする際の話としてどこかで読んだような…

また、特に日本語話者のソプラノメンバーや、Vivaldiの人とはもっと意思疎通をしたいと思っています。今のところ、なかなか作業をしていても相手が何を考えているのか分からない場面が多いです。

Vivaldiの国別ユーザーは日本が1位というニュースもありましたし(今はどうなんだろう)、CJK関連のバグを潰せるように活動を注力したいなあと私も思っています。

Vivaldiでも、最近オスロで日本人のテストエンジニアであるTakaakiさんに来てもらったりと、日本人ユーザを意識しているようです。ただ、やっぱりIME関連のバグは中々手強いみたいですね。

あと、今のところ私って

  • ソプラノメンバーとしての活動
  • フォーラムのモデレーターとしての活動
  • 翻訳とそのレビュアーとしての活動

という役割をもっていて、全てフル稼働しているわけじゃない(何を期待されているのかさえよく分かっていない)んですけど、これからも続けていく上ではボランティアでつらいなあとも思っています。時間はあるんですけど。

なので、なるべく他のソプラノメンバーやVivaldiの人と役割を共有・分担して、最悪私がサボっても同じようにまわりそうな感じにしたいなあと思っています。

…たかだかまだ3ヶ月くらいしか活動していなくて何様なのかな?と自分でも思いますが、大事なのは「誰もつらくならず続くこと」だと思うので、そういう意味でもちゃんと意思疎通がしたいです。


そんなわけで、またユーザーミートアップイベントやりましょうよ!「ソプラノメンバーって何してんの?」というのは私が分かっている範囲でちゃんと話しますので!知りたい人いるのか知りませんけど!

ついでにOSS Gateワークショップは今現在、東京、札幌、大阪で開催していることをお知らせしておきます!

まあ、そんなVivaldiと私の1年でした。これからもよろしくお願いします。

OSS Gate東京ワークショップで進行役をしました

OSS Gate東京ワークショップ2017-01-28に進行役として参加してきました。

進行役としての参加は、前回の東京ミートアップが初めてで、今回は2回目となります。前回と違うのは、なんと言っても8時間と長時間のイベントであるところですね。ですので、果たして進行役を終了までできるかが気になるところでした。

当日の様子

開場前の会場

今回の会場はお馴染み感がでてきた、ガーデンプレイス内にあるクラウドワークスさん提供の会場でした。いつもありがとうございます。

参加人数は全員で17人くらいでした。うちビギナーさんは10人でした。進行の自信がない私にはちょうどよい人数でよかったです。30人くらいだったらどうしようとか思ってました。

ただ申込時と比較しての参加率についてですが、ビギナーさんに限って言うと47%でした。最後まで参加人数が見えないのはかなり惑わされることを実感しました。tSU_RooTさんがリポジトリに記録しているので見てみてください。

ふりかえり

前回と同様須藤さんにサポートをしていただきつつ、進行をした感想としては、思ったより東京ミートアップより大変じゃないかも?でした。

ミートアップは2時間でワークショップの進行とアンケートの作成、アンケートの実施と結果のふりかえりをするので、ビギナー/メンターの1時間の作業中にそれらの準備をする必要があり、時間的余裕はほとんど無い感じでした。

ワークショップは作業時間が午前1時間、午後2時間、その間に昼食1時間と、準備に使える時間が結構ありました。それらを終えてから会場を見まわる余裕もあり、午後はわりとリラックスして取り組むことができました。

アンケートを実施した結果ですが、

  • 時間管理、進行はできていた
  • 喋りについて
    • 重要なところが伝わるように話せていた
    • 独特で面白い喋りだった
    • 落ち着きのある喋りだった
    • ちょうどよい早さで、聞き取りやすく話せていた
    • 語尾まで一定の声量を保てていなかった
    • 参加者への問いかけと喋りのメリハリがついていなかった
  • 自信なさげなところが伝わっていた
  • サポートのフォローを当てにしている節があった
  • 須藤さんのフォローが目立った

という感じでした。思ったより不安に感じていた自分の喋りや進行について、良い反応が多く安心しました。

アンケートや当日の内容を受けた、次回以降へのフィードバックとしては、

  • とにかくメンタル面の不安を出さないように進行しよう!
    • 自信なさげ×
    • 語尾までしっかり声を出してしゃべる。聞き取りやすいようにしゃべる。
  • 進行について
    • ディスプレイの設定について、説明/デモ時は「ミラーリング」、それ以外は「拡張表示」が良い感じ
    • ふりかえりの時は、「メンター」が移動すること、別のテーブルに移動すること、時計回りに移動することをちゃんと指示する
    • スライドの説明をするときは、作業をやめてもらう、体をスクリーンに向けてもらうことを指示する
    • ビギナーとのデモでのやりとりは積極的に、こまめに反応を返す
    • もっと参加者に手をあげてもらうとか巻き込む感じにしたい
    • アンケートふりかえりの段階でも体力を残っているようにしよう(まだアンケートふりかえりはしたことがない)
  • 喋りについて
    • 進行で本人が意識するところは「分かりやすく説明できているか」だけに絞ったほうが良いと思う
    • 面白いとか癒やしとかは期待してはいけない
    • スライドに書いてあることを喋るのに、緩急を意識する
    • 説明するときは、サラッとできるところはサラッとやろう
    • ふりかえりの時間は予定では15分くらいだが、25分くらい見積もっておいたほうが良さそう

ざっと書いてみたのですがこんな感じです。これから何度か進行役をやるうちに、経験がないからできていないのか、私の悪い癖だからできていないのかという改善点がより具体的に洗いだされるのかなあと思っています。

そういう意味でも、進行役として足りていない点がこれから先あったとしても、進行役をやっている最中は自信を持ってやりたいと思います。

スライドと喋りの改善について

また、須藤さんがサポートに入ってくださった箇所について、当日も「スライドに書いていないことを補うには」という話をしたのですが、「それはスライドに入っていたほうが良い内容がまだあるんだと思う」という結論になってIssueに解決案を残してあります。

後々からスライド等見返してみたのですが、scenario.mdに書いてあることを結構当日話されている気がしました。例えば、アイスブレイクの

「声を出す」ことが大事。話題はなんでもよい。…

のところですね。

私が単純にscenario.mdを読み込んでいなかったとも言えますが、先ほどの結論と合わせるなら、スライドとscenario.mdは内容が統合されたほうがよい?という話にもなる気がします。

ただやっぱり、スライドに内容を詰めすぎても枚数が増えたり使いにくくなると思うので、どう使い分けたほうがいいのかというのがまだ私の中で煮え切らない感じになっています。


色々書きましたが、全体の感想としては「思ったよりちゃんと進行役できたみたいだし、個人的にも楽しめた」というところです。その後の懇親会にも参加して色々他の方とも話せましたし良かったです。

須藤さんが頼んだエビシュウマイ

2月20日にある東京ミートアップにも進行役として参加します。よろしくお願いします。