横あるき

変なことを書き綴るサイトです。

ノンデザイナーズ・デザインブックを読んだ

本の表紙

実のところ半年前くらいに読んだまま、特典がほしいので感想でも書きたいなあと思ったまま今日まで放置してしまった。

本を買ったのは、ノンデザイナーズ・デザインブックを@h_okumuraさんがとりあげていて20周年であることを知ったのと、特典プレゼントキャンペーンをやっていて、本の内容も限定のpdfの内容も気になったため。

4つの基本原則

本の前半では4つの基本原則について、以下の順番で例を交えながら説明される。

  1. 近接
  2. 整列
  3. 反復
  4. コントラスト

この基本原則をみて最初に思い出したのが、放送大学の放送授業「人間とコンピューターの接点」で習ったゲシュタルト(プレグナンツ)の法則だった。個人的な理解で説明すると、「どのような形態がまとまりとして知覚される」かについて法則化されたものなんだけど、4つの基本原則のうちの近接、整列、反復は、「まとまりを持たせる」ための原則であり、その点でゲシュタルトの法則と似ているなと思った。

で、コントラストだけはその近接、整列、反復のうちの2つ以上を崩すことで強く印象づけるもので、自分がこの本を読む前で一番分かっていないことだった。思えば、「良いグラフィックデザイン」の奇抜なところとか目立つところはコントラストを効かせていたのか、ということを本を読んで分かった。自分はコントラストを効かせることは(ある意味で)秩序を乱すことで良くないことだと思っていた。

今までの自分がグラフィックデザインを考える時は、「揃えられるものは揃えておく(整列、反復)」ことを意識していて、「似たものは近くに配置したほうが分かりやすい(近接)」を無意識でやっていた。自分が考えてやったことについて崩すという発想がまったくなかったし、「揃っていればいるほど自分が考える良いデザインになる」と思っていたので、とても重要な気付きだった。

全体の感想

この本の良いところは、4つの基本原則がお互いに作用しているものでありながら、実際のグラフィックデザインを考える時のための順序づけをしてくれて、アウトラインが構成されているところだと思う。とても分かりやすかったし、実践に役立てられそうだと思った。

また、この基本原則に影響する要素が、グラフィックデザインにおいては配置、タイポグラフィ、色などがあって、それがまたお互いに作用しているわけだけど、それらをどうやって活かせばいいのかについても例やまとまった章で説明されているので、勉強になった。

「良いデザイン」ってなんだろう?どうすれば「良いデザイン」になるんだろう?ということに関心がある人には、きっと発見があると思う。読んでない人は読んでみると良いと思うよ。

RAVPower USB-A to USB-C ケーブルのレビューです

はじめに

この記事はRAVPowerさんの商品無料体験プログラムによって書きました。RAVPowerさんありがとうございます!

去年、RAVPowerの充電器とケーブルのまとめ買いをすると割引になるセールの時に、こちらの充電器ケーブルを購入したのですが、今でもとくに問題もなく気に入って使っています。なので、RAVPowerの製品について、少なくとも嫌いということはないですね。むしろ好感を持っていると思います。

それで、9月に商品無料体験プログラムの案内が来たので、ケーブルと充電器について応募したところ、両方送ってくださいました。まずケーブルをレビューしたいと思います。

商品のAmazonのページはこちらです。

Amazon | RAVPower USB-C to USB-A ケーブル ( 0.9m + 1.8m ) 56KΩ 急速充電 高耐久軍事用素材採用 Galaxy S8 / S8+ 、MacBook 、Xperia XZ 各種対応– ホワイト | RAVPower(ラブパワー) | 家電&カメラ 通販

スペック

Amazonに記載されているスペックを表にしてみました。

端子形状 USB-A / USB-C
ケーブルの長さ 0.9m + 1.8m (2本)
使用している抵抗 56kΩ
電源供給能力 12V / 2.4A
USB規格 USB 2.0

転送速度がUSB 3.1ではなく2.0の理論値480Mbpsが上限なのが気になりますが、Androidスマートフォンでの使用を想定すると、結局ファイルのやりとりでは標準的なMTP接続がネックになりそうなので、その限りにおいてはあまり問題なさそうです。

USB-A to USB-Cなケーブルは56kΩな抵抗を使用しないとヤバいらしいのですが、スペック上ではちゃんと56kΩの抵抗を使用しているようです。

また、このケーブルを充電に使用する場合に供給できる電力は、使用される充電規格によって異なります。充電規格について、前述のリンクと同じサイトの記事が参考になりました。

乱立するスマホ向け急速充電の規格について調べた | HANPEN-BLOG

それぞれの充電規格と、このケーブルで供給できる電力を表にしてみました。

充電規格 最大電流 最大電圧 最大電力
USB 2.0 5V 0.5A 2.5W
USB BC 5V 1.5A 7.5W
PowerIQ系 5V 2.4A 12W
Quick Charge (2.0〜) 12V 2.4A 28.8W

対応しているACアダプタとスマートフォンを持っていれば、Quick Chargeによる急速充電の恩恵を受けられそうです。そういうわけで、スマートフォンでのデータ転送/充電に適しているといえそうです。

あとは充電器とワットチェッカーを揃えて実際の電圧や電流を調べると良いのでしょうが、あいにく持っていないので保留です。(更新するかも)

開封

外箱の寸法は200mm * 108mm * 20mmです。かさばる大きさではないと思います。

外箱

取っ手をつまんで引き出すと、ケーブルが2本出てきます。手前のが0.9m、奥のが1.8mですかね

外箱からトレイを引き出したところ

トレイにケーブル2本が収まっている

カードがケーブルの下に同梱されていて、無料で12ヶ月の保証延長ができる案内と、問いあわせ先の情報が記載されています。日本向けの電話窓口があるんですね。

カード

保証方法と問いあわせ先が記載されている

ケーブル(0.9m)の取り出した状態と、両端のコネクタ部分の外観です。質感はマットでさらさらしています。ケーブルの直径は約3mmです。

ケーブルを取り出したところ

USB-C側の先端(正面)

USB-C側の先端(上)

USB-A側の先端(正面)

USB-A側の先端(上)

USB-A側のコネクタ部分にくぼみがあり、つまみやすいようになっています。良いと思います。

USB-A側の形状

ある程度ケーブルのクセが残っている感じはしますが、取り回しやすい部類に入ると思います。動画撮ってグネグネしてみましたが、まあ伝わりにくいだろうなー…

感想

USB-C関係のアクセサリーは対応している規格を注意深くチェックする必要がありますし、中には規格準拠を謳っていても適合していない製品もあり、使用するのが危険なものもあると聞きます。この製品の場合は、スペック上はとくに使用するのに不安な点はなさそうです。(検証する環境はないのですが)

あと、この商品は0.9mと1.8mの2本セットなのですが、0.9mは外出用、1.8mは室内用という感じに使い分けられますね。これひとつ買っておけば室内外をカバーできます。

私は充電ポートがUSB-CなZenfone 3とGPD Pocketを持っているので、活用したいと思います。

GPD Pocketを0.9mのケーブルで充電している様子

レビューに関する指摘、レビューしてもらいたい事項などTwitterで教えていただければ、できるかぎり応えたいなと思います。以上です。

今年買ったガジェットのふりかえりです

年内に記事書こうと思ってたのですが、見ての通り大晦日に書き始めたので、Twitterのつぶやきを貼り付けてコメント書いていく形式でまとめようかなあと思います。

旭エレクトロニクス SG080iSL

通称ビックタブ。寝パソ専用機になる前の元気な姿です。

Sincerus マジックアーム

全く知らないメーカーのアームスタンドです。アームが硬くて調整が大変なのですが、安定はしています。使い方を選びますね。

Jolla Tablet

入手できると思っていなかったので、大変な思い出となりました。主に読書用に使っています。

Jolla C

Jollaの端末はすぐ買わないといけないと思ったんでしょうね。すぐ売り切れだったはずなのにゲット出来ました。

Innoo Tech QY8

AptX対応のBluetoothイヤホン。3000円でそこそこの音質のワイヤレスイヤホンが買える時代なんだなって。屋内用にしてます。

Huawei P9 Lite

Huaweiの端末はIDEOS S31HW以来でした。KirinのSoCは電池持ちが良いということを思い知らされました。13000円で自由が丘の買取屋に売ってしまいました。

ASUS Zenfone 3(5.2インチ)

外観と質感の良さ、あとSnapdragon 625で安心と。Jolla Cとの2台持ち構成で、Androidアプリと写真撮影用に使っています。

Transcend TS128GMSA370

ノートパソコンのGentoo環境が壊れた時に、再セットアップ時にやけくそでヨドバシで買ったもの。大変快適に使っています。もともと128GBのSSDをWindowsと半分で使ってたのが、mSATA SSD側を128GB丸々使えるようになりました。

Logicool K380BK(とBUFFALO BSMBB21SBK)

Bluetoothデバイスは4.0からかなり快適になっていることがこれのおかげで分かりました。ポケモンキーボードは接続切れやすかったからなあ。主にWindowsタブレット用ですが、K380Kはマルチペアリングが3台まで可能なので、Jolla Tabletでも使ってます。

AUKEY USB C to Micro USB アダプタ

Zenfone 3がUSB Cなので買いました。出先で困らないので安心です。

Xbox One S

この世代の据え置きゲーム機に対するカルチャーショックをいろいろ感じているので記事にしたいです。とりあえずRadicianでラジオ聞きまくってます。

AFUNTA フレキシブルアームホルダー

Sincerusのマジックアームに続いて2本目のアームスタンド。こちらはかなりアームがぐにゃぐにゃだし、クリップがレバーで固定するタイプで締め付けが弱いので、アウトドア派っぽいです。安物のアームスタンドの記事書きたいなあ。


以上です。間違いなく今年はガジェットに今までで一番お金を掛けた年でした。良いお年を!