横あるき

変なことを書き綴るサイトです。

sfos-jaチームでフリックキーボードのパッケージを公開した

日本語フリックキーボードのパッケージ、jolla-kbd-flick-jpをsfos-jaとしてOpenRepos.netで公開したよ。

sfos-jaができた経緯

私がこのフリックキーボードの存在を知ったのは、Jolla端末のオフの集まりに参加した時だったと思う。なにやらsleepsoundsという方がフリックキーボードを開発されていて1、しかもその方は日本人らしいって話を聞いて、はぇ〜すごい人がいるもんだな〜と思ったのを覚えている。

それからしばらくして、オフでつながっていたhelicalgearさんがsleepsoundsさんとつながっていて、sleepsoundsさんのリポジトリをフォークしてrpmパッケージが作れるようになるプルリクエストが作られていたみたいだった。

そのことに数ヶ月おくれで気づいた自分は、「自分の環境でもフリックキーボードのrpmパッケージをビルドして使いたい〜」と思って自分の環境でビルドできる別の方法をプルリクエストでhelicalgearさん宛てに出した。

その1年後に、Jollaの地元であるフィンランドの方らしいtopiasvさんが、私のプルリクエストをベースにsleepsoundsさん宛てにプルリクエストを出していて、これをみた自分は「海外の人もフリックキーボードに興味あるんだな…これは色んな人がインストールしやすいようにしたほうが良いかもしれないな…」と思った。

と、ここまでの時点で3つプルリクエストが出ていて、それぞれ反応がないという奇妙な四角関係が完成してさらに1年が経過した…。1年間で日本語入力関係のパッケージをメンテする覚悟が決まり、フリックキーボードは色んな人のコード寄せ集めてブランチを整えたり、フリックキーボードに必要なAnthy関係のパッケージもフォークしてOpenRepos.netで公開したりした。

ただ根本的な問題があって、sleepsoundsさんはjolla-kbd-flick-jpにこの時点ではライセンスを設定しておらず、GitHubに置いてあろうともsleepsoundsさんの著作物なので、二次配布する時点で許諾をとる必要があったけどしていなかった。そういう問題があることを自分は認識していたものの、連絡がとれる自信がなかったので放置してしまった。

で、私がOpenRepos.netに公開したものはtopiasvさんにもバッチリ気づいてもらえたみたいで、去年の11月に直接メールで連絡をもらった。それをきっかけに奇妙な四角関係について話し合う機会が持てて、「みんなで開発しようよ!」という流れになった。

そこから奇跡的に4人のTwitterのグループDMができて、どこのjolla-kbd-flick-jpのリポジトリがアップストリームか迷わなくてすむようにっていうのと、自分がフォークして触ってきた日本語入力関係のパッケージをまとめられるようにsfos-jaというorganizationができた。

sfos-jaができてから

各々がコードの一方的なマージ以外ではまったく連携せずにやってきたので、DMで話せるのはめっちゃありがたい。topiasvさんはとくに機能開発へのモチベーションが高くて、今回のリリースに2つオプション機能が追加された。自分もレイアウトの調整に少しだけqmlを触ったりした。

オプションをオフにした状態でキーボードを表示した様子

オプションをオンにした状態でキーボードを表示した様子

あと、主にtopiasvさんとsleepsoundsさんがコードレビューしながらコードが良くなっているのを眺めている身としては、本当にsfos-jaできてよかったな〜と思った。

ちなみに、OpenRepos.netはGitHubのorganizationに対応する機能がないのでアカウントの情報を共有する必要があって、OSS Gateで自分が体験したgpgでやり取りする方法そのまま使わせてもらった

sfos-jaの今後について個人的に思っていること

今いる人たちで、今後のSailfish OSのアップデートに追従していくのも楽しくできそうだなと思っている。細かいissueも立っているし、やることが色々ある。

個人的には、日本語リソースを使ってUIが日本語表示できるようにするパッチとか、日本語関係がまとめて入るメタパッケージもsfos-jaでそのうち作りたいなと。まあのんびりやっていけたらなと思う。

ついでにSailfish OS関係で書いときたいこと

Wiki的なもの

実は@kenya888さんが中心になって作ったJolla/Sailfish OS情報まとめっていうWiki的なものがあるよ!色々まとまっているからSFOS端末で遊ぶ時に参考にしてね!

Storeman

OpenRepos.netのパッケージを簡単に入れられるストアアプリがいくつかあって、最近はStoremanが良いよ!

Patchmanager

SFOSにはパッチを当ててシステムをカスタマイズするPatchmanagerというツールがあるんだけど、活発に開発されていて、最新のPatchmanager 3 Betaはオリジナルのファイルにパッチを当てずにfakerootでパッチ済みの環境を作るみたいだよ!Betaみたいだけど自分は使ってて快適なのでおすすめ!


  1. talk.maemo.orgのスレッドに当時の様子が残っている [return]

Jolla Cを買いました

広島から帰ってきました。たらたら記事を書きました。レビューはほぼ外観についてのみなので、Sailfish OSで得られる体験についてはこちらの方がよく分かるかもしれません。


5月下旬あたりに突如Jolla Cが発表されまして、当時Twitterのフォローしている人もお祭り状態で、Jollaブランドの端末なんてJolla Tabletの払い戻しをやっているような状況で出るわけがないと思っていましたから、大変驚きました。

Jolla C\!

Jolla Cは限定1000~1100台の、Sailfishコミュニティの開発者やフリークを対象とした商品で、コミュニティ向けに開かれるイベントの招待や、Jolla Cに関するサポートを含んだパッケージです。限定1000台だし、販売価格から払い戻し金を引いたら出せる金額だったので、後先考えず注文しました。

日本への発送は行なっておらず、転送サービスを利用する必要がありました。スマートフォンはバッテリー絡みの航空輸送既定とか色々厳しく、果たしてちゃんと手元に届くのだろうか…という不安が大いにありましたが、結果的にエイクルさんという、素晴らしいイギリスの転送サービスを見つけることが出来ました。

基本的に代行購入/転送を請け負っている会社だそうですが、注文は全てフォームの入力やメールによる個別対応です。変にシステマチックなWebサービスよりも、色々シンプルで助かりました。バッテリー関連の質問についてもちゃんと答えていただけました。 実際に掛かった費用は以下の通りですが、両方PayPalで決済して、最終的な金額は20150+7513=27663円でした。

Jolla Cの注文確認メール

商品代金合計: £ 115.28

[ショップへの支払い合計] 商品代金+ ショップからの送料:£0.00

[手数料] エイクルへ の手 数料:£20.00 (23.00よりクーポン割引)  (検品代、梱 包 代、ショップへのクレーム代等が含まれます。)

[日本までの配 送 料]

・ DHL International Express 配送料金: £28.99 (補償を掛ける場合は+£14.00となります。)

お届けは、通常3-6日です。

──────────────────────────────────── 商品代金を含む合計金額£48.99  ペイパル手数料:£2.70 合計金額:£51.69

費用と購入に至る経緯は書いたとして、レビューについては既に以下の方々が素晴らしいものを残されていますので、自分としては何を書くのか、また悩むのですが…

私がJolla Cについて話したいのは、Jolla Cのデザインは簡略化すると同時に、とことんJolla Phoneのデザインをオマージュしている、ということです。Jolla PhoneのTOH(カバー部分に機能をもたせられるコンセプト)とは全く互換性がないにも関わらず、本体とカバーでツートンカラーにしているところなんかもそういった意図を感じるのですが、いかがでしょうか?

ただ、本体とカバーの形状に着目するとJolla Phoneは2枚の板が重なったように丸みの処理が互い違いに入っていましたが、Jolla Cはそれに比べると一体的な側面の丸みがつけられています。

裏をカバーありでJolla Phoneと比較

側面の処理をJolla Phoneと比較

Jollaの刻印

下部スピーカー/マイクの穴も、Jolla Cの方は合わせて3箇所しか空いていないのですが、Jolla Phoneのデザインを踏襲して装飾の穴が並んでいます。あとボリュームキーと電源キーが右側面についているのは変わらないですが、配置が逆になってて戸惑いますね。

下部スピーカーとマイク

右側ボリュームキーと電源ボタン

背面の中はSIMスロットが2つに増えたり、カメラやバッテリーの配置が似ているとかありますが、TOH用の接触端子がなかったり、microSDスロットがバッテリーを装着した状態では挿し替えが不可能になっています。

裏をカバーなしでJolla Phoneと比較

LEDインジケータもちゃんとついていますが、Jolla Phoneでは3色LEDだったのに対して、白色のみになっており、充電完了時に点滅するなど挙動が微妙にJolla Phoneと変わっています。好みとしてはJolla Cのほうが落ち着きがあって好きですかね。

LEDインジケータをJolla Phoneと比較

Jolla Cはインドの企業、IntexのAqua Fishという端末をベースにしていて、Aqua Fishも外観はほぼ同じです。Intexが端末をデザインする際にJollaがどの程度関わったのかは定かではありませんが、Sailfish OS端末であることと一見関係のない外装部分も似せていることには、果たしてどのような意味が込められているのでしょうか。

あ、Intex Aqua Fishのレビューもすでに面白いものがいくつか出ていますからどうぞ。

Aqua Fishの記事を見ると、スペックやSailfish OSについての説明が細かくパッケージに詰められていることがわかります。人づての話ですが、Jolla Phoneが香港で販売された際のウケは悪かったらしく、「他のスマホと同じようなものだと思っていたら、全然違うものだった」という購入層のズレがあったそうです。そういったズレを回避したかったのではないでしょうか。

Jolla Phoneの端末コンセプトをOSと端末デザインの両面から引き継ぎ、かつ新興市場であるインドで売り込もうとする姿勢は、Jolla/Sailfish OSというイメージがぼやけないようにするためのマーケティングの一種なのかも、と妄想してみました。

このようなIntexのAqua Fishに対する販売方針から、Jollaブランドとして多少の手を加えるだけでJolla Cが世に出せた、という風にも捉えられそうだなあ、なんて思いました。


それで本題に入りますが、何故か今までレビューをするたびにガルパンのAmbience(壁紙や通知音などのプリセット)を作るということをやってきた流れで、今回もAmbienceを作りました。せっかくJolla Cの赤さを活かすのに、カバさん(歴女)チームと迷ったんですが、プラウダにしました。ちゃんと通知音もいくつか作りましたよ。(音量注意)

プラウダのAmbience

公式絵などあんこうチームと段違いに素材が少なくて苦労しました。広島にいる間結構苦労しました。この壁紙ちゃんと切り抜いて作ったのでほめて下さい!

ガルパンAmbienceオールスターズ

Jolla Cは限定品でしたが、姉妹機であるIntex Aqua Fishは4999ルピー(現時点のレートで約7468円)と送料を払えば日本にも送ってもらえます!誰でも買えるんですよ!!是非手にとって使ってみて下さい!ebay.comにも非正規の出品者がいるので、そちらから買うとebay.inのクレジットカードの登録が面倒くさいとか関係なくなるっぽいのでどうぞ!


4月にSailfish OS Reviewsの中の人と会話しました

以前Jolla Tabletのレビュー記事を書いたのですが、そしたら

という感じで反応してくださいまして、Sailfish OS Reviewsさんのサイトにリンク貼ってもらえて、そのままDMで会話することになりました。まあそういうわけで、ざっくりした会話の内容をお送りします。

フィンランドの方だそうです。結構記事読んでます(主にJolla Tabletの遅延に関する記事でお世話になった)と送ったら、「日本にそんなに多くないと思うけど読者がいることは知ってるよ!」とのことです。それで、SFOS(Sailfish OSの略称)に関する情報を発信している日本の人について関心があるようで、私からはフリックさんのフレイドフォードonBlogを紹介しました。フリックさんの旧ブログはご存知だったようです。他の方でも、SFOSに関して書いたものがあったら、親切な誘導を作って発信すると良いかも知れません。


私のブログがリンクされている様子

次の話題では、この画像と一緒に「Why are the Japanese characters so different on yours and that other blog?」と尋ねて来られ、ピンとこなかったんですけど、「どうも漢字とカタカナとひらがなが文字として違い過ぎない?これらは日本語話者なら全員使い分けてるの?それとも、それぞれ地域ごとに分かれてるの?」という疑問でした。言われてみると私フィンランドって旅行で行ったことがあるのですが、鉄道の電光掲示板とアナウンスで駅名がフィンランド語とスウェーデン語両方出てきてたし、なるほどなあと。

私はちょうど今学期に「日本語リテラシー」という授業を受講していることもあって、それぞれの成り立ちとか、表音文字とか表意文字の話とか、同じ文章を、それぞれ漢字とカタカナとひらがなに起こして、見た目は全然違うけど音は同じだよみたいなことを説明しました。そしたら「難しいけど、美しい!」と言ってもらえて嬉しかったです。

あと「Jollaって英語だとDinghyなんだけど、日本語だと何?あとSailfishは?」と聞かれました。Sailfishはバショウカジキとして、Jollaはyacht→ヨットかな〜。似た言葉では帆船とか小舟?とか書きました。カタカナで起こすとヨラとかヨーラになります、とも書いたら、予想外にも衝撃的だったようで、何でかって、カタカナの形がそのまま舟のシルエットに見えたそうです。

Sailfish OS ReviewsさんのところにあったJollaの画像1

Sailfish OS ReviewsさんのところにあったJollaの画像2

「フィンランド語では、Jollaって言ったら救助用の小舟で、大きな舟に備え付けてあるイメージだけど、最近だと“E-Jolla”て言って220cmくらいの長さで軽くて速いやつとか、もっと長くて帆が2つある“Finnjolla”っていうのもあるよ」という話で、そうなんだ〜と思いました。その話でいくと、ヨラは短いのでJolla、ヨーラは長いからE-JollaとかFinnjollaになるんですかね。Sailfish OS ReviewsさんがJollaという言葉に関する話をこれこれに書いてあるそうなので、よかったら読んでみて下さい。

最後に「日本語学びたいんだけどなんかいい辞書とかサイトとかない?」ときて、学習者向けはよく知らなかったんですが、適当に探して良さそうなやつをちょっと紹介して、終わりになりました。異文化交流というか、趣味を突き詰めていくと、海外の人と話す機会も出てくるんだなあという点で、凄く楽しかったというか、刺激的な思い出となりました。

完全な余談ですが、会話をしている時、まるまる3時間ぐらい深夜まで風呂場にラップトップ置いて、湯に浸かりながらやってたので、気づいたら体中の皮膚という皮膚がシワシワになっていました。

…で、なんで4月の話を今書いたかというとですね。赤い彗星的なやつがもうすぐ手元に来るんですね。その前に消化しておこうと思いまして。ちゃんと記事書きますね。もうすぐ放送大学の単位認定試験が始まりますけどね。